サンルームがある一戸建てに憧れています

一昨年念願の一戸建てを購入しました。狭いながらも楽しい我が家、という言葉がぴったりの家で、満足のいく広さとは言えませんが、小さいながらも庭がある一戸建てでの生活を楽しんでいます。とはいえ、予算が許すものなら、憧れている家はサンルームのある一戸建てです。細かな雨が降る日に、サンルームでお茶を飲みながら庭を眺める、という贅沢をしてみたいのです。実際にサンルームがある家に住んでいる人の話を聞いたところ、夏は暑く、冬は寒いので、快適に過ごせる季節は限られていて、くつろぐスペースというより、洗濯ものを干すスペースとしての方が活躍頻度が高いそうです。外から見られているかも、という心配もあるし、掃除も大変らしい。確かに、窓が汚れていては落ち着かない気分になりそうです。ドラマや映画で見るほど素敵なものではないようですが、人目を気にせずくつろげるようなサンルームを作るには広い庭が必要で、やはり贅沢な設備という気がします。